次々とローン
*
ホーム > 交際クラブ > バブル世代の高収入男性との交際クラブ

バブル世代の高収入男性との交際クラブ

私より20歳程年上のバブル世代の男性と交際クラブで知り合いました。

この男性は、思ったよりも羽振りはよくありませんでしたが、バブル当時の状況をよく話してくれて面白い人だったのを覚えています。

 

当時の日本の凄さや東京の狂乱ぶりを手振り身振りで教えてくれたのでとても勉強になりました。

私たちの世代は最初から景気は良くなかったのでなにかピンときませんでした。

1980年代は正に世の中が毎日飲めや歌えやの世界だったようです。

若者は毎日ディスコという名のクラブに行き踊りまくっていたそうです。

湾岸エリアには沢山のディスコが出来てそれは凄かったらしいです。

中でもジュリアナ東京はセンスを持ったボディコンのひったり衣装に身を包んだ女性が腰を振り振り踊りまくっていたそうです。

ジュリアナ専属DJの激しい音楽に合わせてお立ち台で踊るボディコン女性、それを眺めるサラリーマン男性で元ボウリング場跡地のジュリアナは寿司詰め状態だったそうです。

女性はみんなワンレンの髪にボディコンの衣装にセンスが定番だったそうです。

Tバックの下着はむき出しで露出が激しい女性が激しく腰振りダンスをすると男性は胸の谷間の1000円札のチップを入れていたそうです。

広い体育館程の大きさの場所で連日のナンパが繰り返されていたそうです。

またお店が終了時間に近くなるとナンパ待ちの車が列をなしていたそうです。

ここの場所は電車の駅から遠い為に帰りはナンパ待ちの車であふれかえっていたそうです。

 

その当時の金曜日の夜になると246号線や六本木通りの道路は車道まで人が出てきて一万円札をひらひらさせてタクシーを捕まえていたそうです。

週末は湾岸エリアのシティホテルはどこも満杯でみんなセレブな生活を満喫していたそうです。

こんな楽しそうな時代の思い出話をしていました。

私も当時の事に少し興味を持ってみたので映画でバブルへGOなどのDVDを借りてきて観てみようと思います。

また当時流行ったジュリアナ東京の音楽も借りてきて聞いてみようと思いました。

 

その男性は年上と言うこともあって、いつもデートではリードしてくれて安心感がありました。

私もこの高収入の交際クラブの男性も利用方法は暇つぶし目的だったのでそこまで深い関係にはなりませんでした。

お小遣いも5000円程だったので、私は本命ではなかったのかもしれません。

それが分かっていたからこそ、互いにとても楽な関係性で居られたのでしょう。

2回程会った後連絡が取れなくなりましたが、そういう割り切った交際もアリだなと感じました。

私も当時結婚するかどうか迷っていた恋人がいましたし、男性もその事情は知っていたので仕方のないことです。

仕事で忙しい恋人に不満もあり、その心の穴を埋めてくれた交際クラブには感謝しています。

今後また利用するかは不明ですが、いい思い出ばかりです。


タグ :

関連記事

大学院才女と出会った渋谷交際クラブ
大学院才女と出会った渋谷交際クラブが感動でした。   恋は思案の外と言...
バブル世代の高収入男性との交際クラブ
私より20歳程年上のバブル世代の男性と交際クラブで知り合いました。 この男性は、...